PROFILE


石川 直 -Naoki Ishikawa-


昭和50年(1975年)6月9日、東京都調布市生まれ。

平成元年(1989年)父親の転勤でアメリカ、シカゴでの生活が始まる。ウッドオークスジュニアハイスクールに2ヶ月通学し卒業。
14歳で現地の高校(グレンブルックノースハイスクール)に入学し、15歳からパーカッションを学び、後に地域の高校生オーケストラに入団、
そしてマーチングバンドではドラムラインに入る。17歳の夏、初めてDCI(Drum Corps International/ドラムコー・インターナショナル)を観て強い刺激を受ける。

平成5年(1993年)9月 テネシー大学のチャタヌーガ校 に入学。そこで音楽の勉強を始め、同時に地域の高校生たちへの指導も始める。

平成7年(1995年)The Cavaliers Drum and Bugle Corps にスネアドラムで入団、そしてDCIで団体優勝、同時にハイ・パーカッション・アワード(最優秀パーカッション賞)受賞。

平成8年(1996年)同じくThe CavaliersでDCIに参加。スネアドラム・ソロ部門では初出場で優勝。
同年、PASIC(Percussive Arts Society International Convention/パーカッシブ・アーツ・ソサエティー・インターナショナル・コンベンション)マーチングスネアドラム・ソロコンテスト、初出場準優勝。

平成9年(1997年)移籍したThe Blue Devils Drum and Bugle Corps が団体優勝。同時にハイ・パーカッション・アワードも再び受賞。再度挑んだスネアドラム・ソロ部門で準優勝。同年、再びPASICのマーチングスネアドラム・ソロコンテストに出場し優勝

平成10年(1998年)一時帰国をして日本のマーチング/ドラムコー界での指導を始める。

平成11年(1999年)アメリカに戻り、PASICのマーチングスネアドラム・ソロコンテストに出場し、再び優勝。

平成12年(2000年)テネシー大学を卒業後blast に初の日本人として入団、アメリカ国内ツアーに参加。同年冬、イギリスのロイヤル・バラエティー・ショーに出演。

平成13年(2001年)blastのパーカッションセクションとNBAのオールスターゲームのオープニングに出演。同年春、ブロードウェイ進出。同年5月から、スネアドラムのソリストに選ばれ、
オープニング曲の「ボレロ」をはじめ、重要なパートを任される。後にアメリカ国内ツアー、そしてカリフォルニア州にあるディズニーリゾートでの長期滞在型ショー「The Power of blast」に出演。

平成14年(2002年)拠点を日本に移すため帰国

平成15年(2003年)~平成28年(2016年)blast Japan Tour に日本人唯一のパーカショニストとして参加。
ショーの一部のアレンジに関わると同時に、リーダー役としてグループをまとめ、他のメンバーへの指導も任される。
2016年からはDisney音楽との融合により全く新しいエンターテインメントショーに生まれ変わり「blast the music of Disney」となる。
ショーの構成が大幅に変わろうとその存在感は圧倒的で、blastファンだけではなく、Disneyファンの心をも魅了する。

平成16年(2004年)元旦に放映される「新春かくし芸大会」で、中山秀征にドラム指導。5分間のパフォーマンスを構成し満点に導く。

平成16年(2004年)9月、YAMAHAブランドCF出演。

平成17年(2005年)~平成29年(2017年)堂本光一主演舞台「Endless SHOCK」にジャニーズ以外の男性として唯一のメインキャストとして13年間選ばれ続け、
現在カンパニーの中で堂本光一氏の次に長く出演している。またドラムの指導と共にショーの一部の構成/演出にも関わる。

平成18年(2006年)9月にヤマハ・ミュージック・メディアよりスネアドラム教則本[MR] を出版。毎年YAMAHAが協賛するイベントコンサートにも多数出演。

平成19年(2007年)5月に大阪でマーチング/ドラムコーの要素を取り入れたステージ・ショー「鼓喇舞(コラブ)」を立ち上げ、プロデュース、構成/演出、指導、出演をする。
同年8月、「2007年大阪世界陸上」の開会式への出演と一部の構成/演出を任される。
同年12月、指導を続けている「天理教校学園高校マーチングバンド部」が2年連続の全国制覇。3年連続の最優秀パーカッションを獲得。

平成27年(2015年)11月~年末にかけて行われた「嵐」の5大ドームツアー「Japonism Tour 2015」(全17公演)
櫻井翔ソロパートの構成/演出、指導を担当し、マーチングスネアドラムを用いたソロパフォーマンス、ジャニーズJr.を含めた総勢18名によるドラムラインパフォーマンスを作り上げ好評を得る。
平成28年(2016年)1月に放送されたTBS系「櫻井有吉アブナイ夜会」の特別企画、“今 気になるアノ人に会いたい夜会”にて櫻井翔からリクエストをいただき櫻井翔・有吉弘行の前でソロパフォーマンスを披露、
2月に放送されたTBS系「ゼウス」では番組のオープニングアクトとしてドラムラインパフォーマンスの作曲/構成を担当し本人も出演する。放送後にはSNSを始め様々な場所より好評を得る。
フジテレビ系列「ライオンのグータッチ」のグータッチサポーターとして、一度も全国大会に出場をしたことがない愛知県のマーチングバンド「寿恵野小学校マーチングバンド TGF」の指導を4月から行い、
10月の東海大会にて目標であった全国大会出場へ導く。
同年9月~10月に行われたジャニーズJr.の舞台「Johnny’s Future World」の太鼓シーンの構成/演出、指導を担当し、マーチングスネアと和太鼓のコラボレーションを成功させる。
その後も同じくジャニーズJr.の舞台「Johnny’s Allstars Island」にて総勢30人の太鼓シーンを含む3シーンの構成/演出・指導を担当し、様々な場所より好評を得る。

2017年の3月31日に行われる”ブラバン・ディズニー!”コンサートの企画の審査員としてウォルトディズニー社より抜擢され、日本を代表する作曲家、音楽家の方々と企画に取り組む。

2016年12月~2017年1月 踏音アーキペラゴのメインキャストとして5都市6公演のファーストツアーに参加し、各地で好評を得る。


その他、宝塚歌劇団などの舞台パフォーマンスの指導・ステージ構成、アメリカの金管五重奏 Boston Brass との共演ツアー、吹奏楽の最高峰であるフランスの パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
とのツアー、佐渡裕指揮の シエナウインドオーケストラ とのツアーなどにスペシャルゲストとして出演。あらゆる方面のアーティストたちとのコラボレーションにも積極的に取り組み、
その活躍はメディアからの注目を集めている。
現在もクラブシーンでのパフォーマンスや、吹奏楽、オーケストラ、ジャズ、民族音楽、J-POPとの共演等、ジャンルを問わず活動を続ける傍ら、TVなど多方面で活動しながら日本でのマーチングバンド/ドラムコー
指導など、後輩の育成にも力を入れている。